沖縄で結婚指輪(ブライダルリング)を購入するのにおすすめのお店をランキングでご紹介!【口コミでも人気の店舗!】

結婚指輪のサイズの確認方法とは

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/02/13
    

結婚指輪を買うときはデザインや素材も重要ですが、何といってもサイズがどうなっているかを気にする必要があります。

わからないとせっかく購入しても身につけられません。

物差しなどを使って調べられるかどうかでしょう。

 

 

 

 

 

糸を使って指の円周を測定する方法

人の体のサイズは様々で、双子と言えどもどこからどこまでも同じではないでしょう。

手の指は左右5本ありますが、小指と親指はもちろんですがそれ以外の人差し指、中指、薬指の長さや太さは異なります。

これから結婚をするにあたっては結婚指輪を作る必要があり、そのときにサイズを知りたいときがあります。

そのときの確認方法として簡単なのは紙や布でできたメジャーを使う方法です。

それを測りたい指に巻き付ければそのサイズになります。

ただメジャーが手元にない人もいます。

もっと簡単にできるのが糸を結びつける方法です。

左手の薬指につけますが、指の中で最も太くなっている部分にゆったり目に結び目を作ります。

その結び目の根元にチェックを入れ、ほどいた後にチェックを入れた部分の間隔を測ればぴったりのサイズがわかります。

注意としては指の根元ではなく一番太いところです。

根本も太くなりますが、関節部分が太くなっているときもあります。

根元で合わせると関節部分で引っかかって入らないときもあるので注意が必要です。

糸をきつく縛り過ぎても小さい値になり正しい測定でなくなります。

 

手持ちの指輪でしっくりしたものと同じサイズ

ファッションアイテムとして指輪を持っている人は多いでしょう。

今は指先をネイルなどでデコレーションしてオシャレを楽しむ人がいますが、指輪であればただつけたり外したりするだけなので楽です。

宝石などがついていたり高級な素材になるとかなり高くなるときもありますが、安いものなら数百円から数千円ぐらいでも購入ができます。

日常的に身につけるものならデザイン重視で安いものを身につけても問題ないでしょう。

結婚式を前に結婚指輪を購入するとき、結婚指輪のサイズを知る必要があります。

しかしいざサイズと聞かれてもどれくらいかわからない人もいるようです。

自分で行う確認方法として手持ちの指輪を使う方法があります。

指輪がたくさんあると少しずつサイズが異なるときもあります。

その中から最もしっくりくるものを選んで宝石店などに持って行くと良いでしょう。

宝石店で調べてくれてそれと同じように作ってもらえます。

ただ左手の薬指につけるための指輪がないとぴったりの物を探せないときもあります。

たくさんの指輪が売られているショップで探す方法もあるでしょう。

 

指輪を借りて遊ぶふりをして測る

婚約指輪をプロポーズの相手に渡すとき、サプライズとして渡したいなら直前まで知られないようにしなければいけません。

でも購入するときには相手の指のサイズを知っておく必要があり、それを聞けばばれてしまいます。

そのときにいろいろな確認方法を取るようです。

結婚指輪に関しては必ずしもサプライズで渡すと限りませんが、人によっては婚約指輪と一緒にしたりプレゼント感覚で上げたいと考えている人もいるでしょう。

となると事前に本人から直接聞くのは避けたいところです。

ではどうやって知るかですが、相手が身につけているファッションリングをうまく使うと良いでしょう。

その中かから指にぴったりの物を貸してもらい遊ぶふりをして測ります。

大抵は女性の指が細くて男性の指が太いので、指にはめようとすると途中で止まるでしょう。

その止まった場所を記憶しておいてすぐに自分でその部分の円周を測ります。

いきなり指輪を借りたりすると怪しまれるので、指輪以外の時計などを借りてつけたり外したりすると良いかもしれません。

渡したときにびっくりされれば成功となるでしょう。

 

布製などのメジャーなら指に巻き付けられますが、一般的な物差しなどは巻き付けられません。

そこで糸を巻き付け、糸の長さを物差しで測る方法を取りましょう。

手持ちの指輪の中でしっくりくるもので測定するときもあります。