沖縄で結婚指輪(ブライダルリング)を購入するのにおすすめのお店をランキングでご紹介!【口コミでも人気の店舗!】

結婚指輪選びで後悔してしまうこととは?

公開日:2019/05/09  
    

 

せっかく沖縄で素敵なウエディングをしたのに、結婚指輪に関してだけは後悔してしまったという方もいるかもしれません。

結婚指輪は一生身につけたいものだからこそ、事前に結婚指輪の選び方に関するありがちな失敗や後悔のポイントをしっかりとチェックして、心から納得のいく指輪選びをしましょう。

 

 

普段使いが難しいリングはつけなくなる可能性もある

華やかでゴージャスな結婚指輪を希望する方は、かなり多いと思います。たとえば、立爪の華やかなリングは、確かに派手で見栄えがしますが、それだけに出番が少なくて後から後悔してしまうこともあるでしょう。

子供の学校行事や同窓会等のパーティなどにつけるには派手すぎて向かないなど、肝心な場面で身につける機会がないというのは寂しいものです。

カジュアルに普段使いできるリングの方が、はるかに利用価値があるといえます。オーソドックスなダイヤモンドの一粒石などは、見るからに結婚指輪らしくて人気があるでしょう。けれども、オーソドックス過ぎて使う機会がないなどと後悔するケースも多いのが現実です。

従って、普段のちょっとしたシーンにも気兼ねなく使えて、適度にデザイン性がある指輪が一番望ましいかもしれません。また、ダイヤモンドであれば、その大きさよりも色味やカッティングにこだわった方が、普段使いのリングとしてはふさわしいと思います。

 

つけ心地が悪いと使う機会が激減する

結婚指輪選びで、意外に重要なのがつけ心地だと思います。つけている時に指に当たって痛いような箇所があると、次第に苦痛を感じるようになってしまうでしょう。

また、リングに厚みがあったり太かったりするデザインも、つけているうちに重さが気になってしまうかもしれません。ですので、店頭で指輪を選ぶ時には、デザインにばかり気を取られることなく、つけてみた感覚を意識して選ぶのも重要なポイントといえるでしょう。

また、リングの表面に溝や彫りなどの加工があるものは、汚れが付きやすいので注意が必要です。さらに、柔らかい素材のものですとキズになりやすいというデメリットがあるので、やはり、プラチナなどの硬い素材を選ぶ方が無難だといえるでしょう。

 

年をとってもつけられるものを選ぶ

若い時期に結婚する場合などは、つい可愛らしさに目がいってしまい、ラブリーなデザインのものを選びがちかもしれません。しかし、愛らしい色味のピンクダイアモンドやハート型のデザインなどを選んでしまうと、後から子供っぽく感じられて後悔することも考えられます。

指輪のデザインに関しては、後からリフォームすることも可能ですが、石はずっとそのまま使うことになるので、可愛らし過ぎない、深い色味のものを選んだ方が無難ではないかと思います。

また、太ったり痩せたりして指のサイズが合わなくなるケースも多いものです。そのようなケースを考えると、事前に、サイズを直しても指輪全体のデザインに影響がないようなものを購入した方が良いでしょう。

さらに、購入時には、アフターサービスや保証期間についても、しっかり確認しておくことをおすすめします。

 

結婚指輪は、いくら気にいって購入しても、後から後悔してしまうことが意外に多いものです。デザインが華やか過ぎるリングや、あまりにオーソドックスなデザインのものは、後々使用する機会が少ないことも考えられます。

さらに、可愛らし過ぎる色味の石やデザインは、年齢が増すに従って、似合わなくなることもあるでしょう。また、つけ心地に関しても、日常使いの負担にならないようなデザインや材質のものを選ぶべきだと思います。

汚れやキズのつきにくいものを選択することも重要なポイントでしょう。購入の際には、サイズ直しなどのアフターケアについても、しっかりと確認しておきましょう。