沖縄で結婚指輪(ブライダルリング)を購入するのにおすすめのお店をランキングでご紹介!【口コミでも人気の店舗!】

結婚指輪を買うタイミングは?

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/01/28
    

結婚をするときに必要になるのが結婚指輪で、宝石店などに行ってその日に持ち帰れるケースは少ないです。

となると、いつ頃に買うのが良いのか知っておいた方が良いでしょう。

多くの人が買っている時期を参考にするとよいでしょう。

 

 

 

 

結婚式に間に合うように逆算する

結婚を前提にお付き合いをしていて、それなりにお互いが分かってくればいよいよ結婚しようとの話になるでしょう。

結婚自体はいつでも行えて、婚姻届けを出せばそれで結婚となります。

しかし多くの人は結婚をするときに結婚式を挙げたいと考えています。

ひっそりと形式的に行うのではなく、親族や友人などの関係者に知らせて祝福をしてもらいます。

ただ結婚式となると結婚を決めてすぐに行うのは難しく、結婚式場の予約の他誰を招待するかなど色々な決定事項があります。

長ければ1年近く、短くても数か月の準備期間が必要になるでしょう。

結婚指輪を買うタイミングとしては結婚式に間に合うよう逆算すると良いかもしれません。

今から半年後に行う場合、指輪を注文してから完成するのに3か月かかるのであれば3か月後までに決めれば間に合う計算になります。

なぜ結婚式に間に合わせるかですが、結婚式の儀式の中で指輪の交換があるためです。

必ず指輪がないといけないわけではありませんが、せっかくであればその時に正式の指輪を用意しておいた方が良いでしょう。

余裕をもって選ぶと良いでしょう。

 

婚約指輪を買うときに一緒に買う

結婚をするときに購入する指輪には二種類あります。

一つは婚約指輪で、男性がプロポーズをするときに女性に渡す指輪として知られています。

もちろんプロポーズをするときにサプライズで渡すのが決まりではなく、プロポーズ後に二人で好みの指輪を買いに行く人の方が多いようです。

サイズなどを事前に調べられないと指に合わない指輪を贈ることになり兼ねないからでしょう。

婚約指輪の役割としては一応結婚式までつけて、結婚式後は日常的に付けるのではなく特別な行事等でつけることが多くなるようです。

となると気になるのは結婚指輪を買うタイミングでしょう。

つける時期としてはそれぞれかなり離れるものの、結婚後の使い方によっては同じタイミングで購入した方がいいときもあります。

一つは婚約指輪と兼用にするときです。

つまり一種類のみ購入して婚約の間も結婚式後も使うときです。

それ以外に二つの指輪を組み合わせて使うときです。

重ねづけができるようになっていて、一つずつでも重ねても使えます。

将来的にどう使っていくかなどを話し合って、時期を決めると良いかもしれません。

 

結婚後などに時期を気にせずに購入

婚約指輪は身につけている期間はそれほどありません。

通常結婚式までつけるとされ、それ以降は日常的に付けるのではなくたまにファッションとして身につける人が多いようです。

結婚式までの半年間とそれ以降は年に数回つけたり外したりになるのでしょう。

では結婚指輪はどうかですが、基本的には結婚式後婚姻関係を続ける間ずっとつけたままになります。

もちろん人によって外す人もいるようですが、お風呂に入るときも寝るときも常につけたままの人もいます。

婚約指輪とは比べ物にならないくらい長い付き合いになると言えるでしょう。

となるとあまり安易に決めることはできません。

買うタイミングとして式に間に合わせないといけないと言われますが、式が迫ると焦ってしまって本当に気に入ったものが買えなくなるときがあります。

式までの期間が十分取れないのであれば無理に間に合わせなくてもいいでしょう。

結婚式後にゆっくりと選ぶのも良いと言えそうです。

結婚式の時に指輪の交換用として必要に感じますが、儀式用の物を使えばそれなりに演出はできます。

式にこだわらない方法もあると認識しましょう。

 

結婚式の時に指輪の交換をするので、結婚式に完成するように逆算するのが一般的です。

式の数か月前から準備をします。

婚約指輪との関係が強いなら婚約指輪と同時期の時もあります。

デザインなどを重視するなら式後でも構わないでしょう。